南国ふたり暮らし

マレーシアに移住した夫婦の話。

マレーシアにて家探し(賃貸)

こんばんは、夫のぬーぴーです。

 

この記事は妻とマレーシアブログを始める前に僕が書いた記事の再掲で、2018年7月のマレーシア渡航についての話です。

前回はエアアジアでの移動編でしたが今回は家探し編(`・Д・)ノシ

 
マレーシアで家(コンドミニアム)を借りました!
最悪移住してからしばらくはホテル暮らしか・・・とも考えましたが
なんとか決まりました(∩´∀`)∩
その経緯でも。
 
マレーシアで有名な不動産(売買・賃貸)掲示板が「iProperty」↓
 
 
他にもありますがここだけでもかなりあります。
希望エリア・予算は決まっていたので検索して色々チェック。
決まったらその物件を管理しているエージェントに連絡⇒オーナーに伝わり
エージェント(+オーナー)とで物件拝見。
 
と書くと簡単そうに見えますが
実際辿り着くまで長かった・・・

 まずエージェントへの連絡。

iProperty(だけでないと思いますが)では物件の横に
エージェントへの連絡欄みたいなのがあります。
よく企業のHPにある「お問い合わせ」みたいなやつが。
 
自分は7月半ば渡航して契約⇒8月下旬から住むというスケジュールだったので
6月頭にとりあえず5・6件程、そこからメールを送ってみました。
 
殆ど返信ナシ
 
びっくりするほど反応が無い
1件来たのが「OK」のみ・・・その後の連絡もありませんでした。
 
時期が早すぎるのかなぁ・・・でも予定の問題もあるから早く決めたいんだけど
とりあえず6月末まで待ち、でもまた返信無かったらどうしよう・・・
 
と悩んでたらエージェントのプロフィール欄にWhatsApp番号があるのを発見。
試しにWhatsAppで手当たり次第コピペ問い合わせ送ってみると
来ました!ほぼ100%!
 
その後調べてみたら、どうもマレーシア人はPCを殆ど開かないから
メールを見ない、WhatsAppなら携帯に届くから確実との情報が。
更にWhatsAppなら通信料が無料になるプランがいろんなキャリアから出ているから
返信率が高いとかなんとか。
 
PC開かない≒メール見ないは今のスマホ時代で?な感じはしますが
まぁ問い合わせするならWhatsAppが確実です。
 
そして日程調整。
問い合わせすると結構な確率で国籍・契約期間・予算・勤務場所等々聞かれます。
素直に回答しませう。
しかし予算はホントの予算より低めで出した方が良かったか?
そんなこんなで無事に内覧予定が入りました。
ただ最初に連絡した人=約20名で、途中音信不通になったりで
最終的に3人になりました。This is Malaysia。
 
7月渡航日。
着いた日の午後に2人、次の日に1人と約束をしました。
まず最初の1人。
13時にKL Gateway Mallで待ち合わせます。
 
するとその人から連絡が。
「今日13時からGatewayと○○内覧するんだったよね?」
Gatewayの方は□□、○○の方は△△って人が案内するからヨロ」
ん?この人オーナーだったんかな?
まぁいいやと思いつつ待つ。
 
来ない。
 
マレーシアなんで5分遅れたくらいで「まだか!」みたいなことは言いませんが。
結局来たの13時半
This is Malaysia。
 
とにかく早速案内してもらいます。
こんな感じだったり

f:id:peanutszx:20180722214441j:plain

こんな感じだったり

f:id:peanutszx:20180722214523j:plain

 
 
まぁまぁ良いかなと思いつつ
最後ら辺に今日本人の方が住んでる部屋も見せてもらえました。
2ベッドルーム(要らないけど)、バスタブあり、
なにより日本人が住んでたという安心感(笑)
この物件だったらこの部屋が一番良いかな~と考えながら
次の物件へ。
 
実は次の物件が本命。
当然遅れてくるエージェント
未入居の部屋でした。
皆土足で内覧するから汚れてはいるけど、
場所的に本命だし、色々オサレだから(笑)
Gatewayよりここかなー。
 
そして別のエージェントと待ち合わせ(同物件)
このエージェントだけは待ち合わせ時間5分前に到着連絡が来まし
2部屋見せてもらい、そのうちの1部屋、
未入居・高層階な部屋に決めました
こっちはオーナーも一緒だったのでなんとなく安心感もあり(笑)
 
でもって契約、の前段階。
最終的に入居前に支払う額が
 
家賃1ヶ月+Security Deposit(2か月分)+Utility Deposit(1ヶ月分)+カードキー代+印紙代
 
Security Depositは何かあった時に家賃を補填するお金。
出て行く3ヶ月前くらいまでに連絡すれば
最後の2ヶ月分の家賃はそこから引かれるという仕組み。
 
Utility Depositは何かあった時に補填するお金、電気代&水道代バージョン。
相場は半月分らしいんですが、オーナーが以前にトラブった事があるらしく、
1ヶ月分にしてほしいと。
普通にしてれば返ってくるお金なので了承。
 
まずは手付金代わりの家賃1ヶ月分を支払います。
これが8月の家賃になるとの事。
そして8月に本渡航した時に残りのお金(Security+Utility+印紙)を
現金で払って契約完了になるそうです。
とりあえず手付金を払ったので一安心。
 
さてさて8月どうなることやら・・・