南国ふたり暮らし

南国ふたり暮らし

30代前半でマレーシアに移住した夫婦。のんびり南国ライフ満喫中。

タイ航空のバンコク―仙台便に乗ってみた

こんにちは、るーしーです。

 

仕事でタイへ行くことが多いので、タイの記事も書いていきます。

 

年末の一時帰国をどうしようかと考えていたところ、

2019年秋からタイ航空のバンコク仙台間の定期便が

週3運行しているとの情報が!

 

私は実家が秋田で空港からのアクセスが不便なので、

羽田(または成田)からはいつも新幹線、日本に着いてからも長い…

 

しかもタイ出張の帰りに直接行けちゃうじゃん♪

 

これは乗るしかない!

 

ということで、乗ってきました。

  あ、ぬーぴーさんは今回はマレーシアでお留守番です( ˘ω˘ )

 

深夜便(23:59発)なので、早めに空港入りして

ラウンジをハシゴしながらゆっくり過ごそうかと、

まずは荷物の預入をすべくカウンターへ。

 

タイ人スタッフ「預入の時間がtoo earlyだから

あなたの荷物がlostすることをafraidしてるよ」

 

私「え、まだ預けられないの!?」

 

タイ人スタッフ「そういうわけじゃないけど

たくさんのBaggageがあるから、スタッフがmissingするかもしれないよ」

 

私「タグ付けるじゃん。仙台行きのフライト一本だけじゃん。」

 

と、お互い第二言語のたどたどしい英会話でしばらくやりとり。

 

スタッフ「……わかった。預かるよ、なくなるかもしれないけど。」

 

最終的にはスタッフが折れてくれたものの、

無くなるかもしれないよと最後まで念を押されました(笑)

 

「預入が〇時間前から」と決まってるわけでもないのに、

まさかの預入時に荷物紛失予告さすがタイ( Д )

そんな感じで預入荷物に若干の不安を抱えながら搭乗。

 

搭乗率は8割くらい、タイ人が7割と多め、日本人は2~3割くらいかな。

写真撮り忘れましたが、機内はまぁANAとかJALみたいな感じです。

 

機内エンターテイメントはあるけど、日本の映画や音楽はほとんどありませんでした。

今回の利用はスケジュールの都合上、片道の夜行便でしたが、

仙台→バンコクは昼便(11時~16時)なので、暇つぶしグッズは欲しいかも。

 

離陸後、乗務員から夜食セットの紙袋が配布されます。

 

f:id:peanutszx:20200118184010j:plain

f:id:peanutszx:20200118184041j:plain

 夜食のサンドイッチと水とおしぼり。

味は、まぁ普通です。

 

夜行便なのでその後は消灯。

 

朝の機内食は2種類から選べたのですが、寝起き&元々の英語力が高くないため、かろうじて聞き取れたチキンの方に(←)

f:id:peanutszx:20200118184111j:plain

 

鶏挽肉のオムレツ(多分)。

生地がオムレツとクレープのちょうど中間なイメージでふわっふわ、

早朝でも食べやすい優しい味で美味しかったです。

他の路線でも、タイ航空は機内食にも定評があるみたいですね。

 

仙台空港では、むすび丸がお出迎え!

f:id:peanutszx:20200118184156j:plain

f:id:peanutszx:20200118184200j:plain

 飛行機から降りると仙台って、いいなぁ~。地元が近く感じる。

 

あ、荷物は無事到着してました(笑)

 

それにしてもこのバンコク仙台便、

冬季定期便の運行は2020年の3月28日までで、

その後のスケジュールが未定とか(海外定期便あるある?)

 

週末だけでも、継続運行してくれないかなぁ~(´ω`)