南国ふたり暮らし

南国ふたり暮らし

30代前半でマレーシアに移住した夫婦。のんびり南国ライフ満喫中。

マレーシアで入院&手術した話②

こんばんは、るーしーです。

前回の話はこちら。

peanutax.hateblo.jp

 

Mahameru International Medical Centreで紹介状を頂き、

乳腺外科のあるPantai Hospitalへ。

 日本人通訳の方を通じて電話予約をしたところ、

紹介状の宛名にあったDr. Patriciaの診察は

早くて翌月、Dr. Saladinaは明日でも大丈夫とのこと。

 

大きな病院だし、

専門の先生ならそれほど違いはないだろうと思い、

早く受診できるサラディナ先生の診察を予約しました。

https://www.pantai.com.my/doctor/breast-and-endocrine-surgery/dr-saladina-jaszle-bt-jasmin

マレー系の女医先生です。

対応言語がEnglish, Mandarin, Malay, Cantoneseって書いてる…。

前回行ったMahameru International Medical Centreの

バラト敬美先生もそうでしたが、

マルチリンガルな先生が多くてすごすぎる…(´・ω・`)

 

受診当日。

f:id:peanutszx:20200531234544p:plain

Pantai Hospital外観

f:id:peanutszx:20200531234823p:plain

待合ロビー

外国人にも評判が高い総合病院ということで、かなり綺麗です。

乳腺外科(Breast Care Centre)の入口はこんな感じ。

f:id:peanutszx:20200531234911p:plain

乳腺外科入り口

初診なので受付で登録カードや保険の書類などを記入します。

名前が呼ばれたタイミングで日本人通訳の方と合流し、診察室へ。

Mahameruからの紹介状と、超音波と針生検の結果を渡します。

 

サラディナ先生、しこりの超音波写真をしばらく眺めた後、

「これ、手術した方がいいね。」

と即答(゜Д ゜)

 

先生のお話によると、

腫瘍を切るべきかどうかを判断する5つのポイントがあり、

私の場合、その内の3つが該当するそうです。

  1. 大きさ
  2. 場所

今回は

  1. しこりが大きく
  2. 形がいびつ(少しデコボコしている)
  3. 脇のリンパ節付近というしこりの場所

が該当するため、悪性の可能性が捨てきれないとのこと。

ちなみに残りの2つは

  • 腫瘍の色や影(水泡性か不透過性?)
  • 数(複数個あるか) 

だったかと…(ウロ覚え)

 

前回の針生検の結果は「良性の線維腺腫」でしたが、

サラディナ先生によると、

通常の線維腺腫は胸にできることがほとんどで、

脇にできることは稀なケースとのこと。

過去、針生検のような細胞の一部だけの検査が、

全摘検査と結果が異なった症例もあるそうなので、

手術で腫瘍をすべて摘出し、

しこり全体と周りの細胞を含めて検査することを強く勧められました。

前回の検査と同様、良性であれば治療完了、

悪性であれば他の治療をする必要があると。

 

実はMahameru での精密検査の結果を待つ間、

私も乳がんや脇のしこりについてインターネットなどで情報収集をしていました。

 

✓過去に線維腺腫と診断されていたしこりが乳がんだった

✓良性の繊維線種と悪性の葉状腫瘍は判別が難しい

 

などの体験談もあったので、先生の説明はとても納得感のあるものでした。

 

念のため、こちらでも触診をしましょうということで、

今回は専門医による触診。

 

先生「………左胸にもいくつか小さなしこりがあるわね…。」

 

えーーー、これ、やっぱり乳がんなんじゃ…(´;ω;`)

前回の総合クリニックで胸の触診は異常なしと

言われていたのですが、専門医が診ると違うものなんですね…。

 

先生「胸にもしこりがあるので、

もう一度うちでも超音波検査しましょう。

超音波で胸のしこりも悪性が疑われる場合は胸の針生検、

問題なさそうであれば、脇のしこり切除で。」

 

しこりを発見してから、

メンタルがジェットコースターな日々です(´・ω・`)

超音波検査を受け、再度サラディナ先生の待つ診察室へ。

 

先生「超音波の結果、胸にいくつか小さなしこりがあるけど、

これは水泡のようなもので乳がんを疑うものではないわ。

予定通り脇の腫瘍切除の手術をしましょう。

脇のしこりは前回の超音波検査から2㎜ほど成長しているから、

早いうちに切った方がいいわ。」

とりあえず胸の方は大丈夫そうで、少しだけメンタル回復です(`・ω・´)

でも前回の検査から2週間弱で2㎜も成長してるって怖い…。

 

先生「今はコロナが流行している時期だから、

手術前に必ずコロナ検査受けてもらわないといけないのよね。

私が手術できる日は一番早くて明後日の午後だから、

明日コロナ検査、明後日に手術で大丈夫かしら?」

と、メンタルの浮き沈みが追い付かないほど

色々スピーディーに進んでいきます。

 

幸い(?)仕事が元々フレックスだったことに加え、

MCOに突入して間もない時期だったため、自分の都合は何とでもなりました。

 

「一日でも早く手術した方が良いくらい深刻なんだろうか…」

という不安な気持ちを、

「いやいや、コロナで外来患者が少ない時期だから、

たまたま先生のスケジュールに余裕があったんだろう」

と思うことで、何とか気持ちを落ち着かせました。

 

私「ところで先生、手術って日帰りですか?」

先生「全身麻酔だから、1泊2日の入院になるわね。」

 

なんと!!

 

これまで大きな病気もなく過ごしてきたので、

人生初の入院&手術をマレーシアですることになるとは…。

 

長くなりましたが、次回やっとタイトル通り入院と手術します(笑)